【コピペOK】Gmailで条件に合ったメールを転送するGAS(Google Apps Script)の紹介

Home > TECH BLOG > 【コピペOK】Gmailで条件に合ったメールを転送するGAS(Google Apps Script)の紹介
公開日:2022年11月12日 更新日:2022年11月12日

記事概要


この記事は、GAS(Google Apps Script)でメールを送信する機能の活用事例として、条件に合ったメールを指定したメールアドレスに転送するGASを紹介します。
活用場面としては、例えば、共有アカウントで受信した特定のメールを、複数のメンバーに共有するなどです。共有アカウントのユーザー名、パスワードを共有することなくメールの内容だけを共有することが可能となります。
そもそもGASでメールを送信する方法を知りたい方は、以下の記事がわかりやすいのでご参照ください。

まずは動画をご覧ください!


動画あらすじ

  • GASでエラーなどが発生すると、apps-scripts-notifications@google.com からエラー内容が記載されたメールが飛んできます。以下、メール例です。
  • このメールをGASで開発チーム(developer.for.udemy@gmail.comと想定)に転送して、チームでエラー状況を把握できるようにしました。

コピペコードはこちら


ファイル

コード

JavaScript

コピペコードの使い方


recipientsに宛先メールアドレスを追加する。

JavaScript
'宛先メールアドレス'の部分を転送したいメールアドレスに変更します。
変更例
JavaScript

検索クエリ(メール検索条件)を追加する。

JavaScript
'メール検索条件'の部分を検索クエリに変更します。検索クエリの作成には、Gメールの検索機能を使うと便利です。以下、動画で検索クエリの作成方法を紹介します。
Gメールの検索機能を使ったクエリの生成方法
変更例
JavaScript
検索条件
  • is:unread
    • 未読メール
  • from:(apps-scripts-notifications@google.com)
    • apps-scripts-notifications@google.com から送信されたメール
  • after:2022/11/9
    • 2022/11/9以降のメール

まとめ


GAS(Google Apps Script)でメールを送信する機能の活用事例として、条件に合ったメールを指定したメールアドレスに転送するGASを紹介しましたがいかがだったでしょうか?
検索クエリを工夫することで、様々な活用方法があるかと思うので是非、参考にしてみてください!

関連記事


Google Apps Script 開発入門の教材紹介


https://www.udemy.com/course/wywy-google-apps-script-forty-skills/?referralCode=7F71969F9DD9849220B4 から購入可能
https://www.udemy.com/course/wywy-google-apps-script-forty-skills/?referralCode=7F71969F9DD9849220B4 から購入可能

内容

  1. JavaScriptの 基礎文法(ES2015)学習により、プログラミングの基礎を身につけることができます。
    1. 動画教材で扱っているソースコードは以下Githubに公開しております。
      1. GitHub - YukiFujisawa/google-apps-script-forty-skills: 5つの活用事例から40のスキルが身につく、Google Apps Script 開発入門【ES2015(ES6)対応】のサンプルコード
        5つの活用事例から40のスキルが身につく、Google Apps Script 開発入門【ES2015(ES6)対応】 のサンプルコードです。 40のスキル習得をゴールとして、基礎文法の学習、5つの活用事例の学習、スキル習得を促す理解度テストなどを用意。 講座終了後には、40のスキルを活用してGoogle Workspaceアプリ連携による業務効率化ができるようになります。 プログラミングによる業務効率化を体験してみたい方 GoogleアカウントとWebブラウザ(Chrome推奨)があればOKです。 プログラミング入門レベルから学ぶことができます。 会社や個人で Google Workspaceを使っている方 普段使っているGoogle Workspace(Gメール、スプレッドシートなど)を活用して、業務効率化のアイディアをすぐに試すことができます。 JavaScriptの 基礎文法(ES2015)学習により、プログラミングの基礎を身につけることができます。 5つの事例を通して40のスキルを身につけ、Google workspaceサービス(Gmail、スプレッドシートなど)を連携できるプログラミングの応用力を身につけることができます。 Google Apps Scriptを実務で活用する方法を理解することができます。 視聴はこちら(Udemyページに遷移します。)
  1. 5つの事例を通して40のスキルを身につけ、Google workspaceサービス(Gmail、スプレッドシートなど)を連携できるプログラミングの応用力を身につけることができます。
  1. Google Apps Scriptを実務で活用する方法を理解することができます。

購入はこちら

↓Udemyにて販売中です!